2012年05月29日

考えと感じることは違う

 大学でした。

 実習の事例を検討していきました。


 実習生の立場にたってみる。自分ならどう感じるか?

 その問いに、「なんでこんなことをするのかと思う」とか「こうしたらいいと思う」と答える人がいます。


 それは、考えたことですね。

 頭のレベルです。


 ききたいのは、感じたこと。

 「こわかった」とか「嫌だ」とか「うれしい」とか「ざわつく」とか。


 この違いがよくわからないと、混乱してきます。


 「こうこうした方がいいとわかっているんですけど、できないんです。」「気にしなければいいと言われるんですが、気にしてしまうんです」とおっしゃる方は多いです。

 逆に、「ここはどう対応したらいいんでしょう?」ときくと「うるさい!!これ以上やらせて、俺を過労死させる気か?」などと感情的に答える人もいます。


 こころに取り組むべきことを頭で処理しようとし、頭で考える必要があることを、感情で処理する。


 分けて考えるようになると、違った風景がみえてきます。


 そして、相手のことも少しみえてきます。


 「この人、頭で考えることと、こころの問題が入り食って、混乱しているんだ」と。

  


Posted by いなまつゆか at 18:42Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ