2012年04月22日

災害復興と若者支援と障がい者

 東播磨カウンセリング研究会の総会でした。

 総会講演で、mottoひょうご事務局長の栗木剛さんに、お話しいただきました。

 


 災害復興支援に力を入れておられ、兵庫の若者を被災地に送りだされている栗木さんに、現場や送り込まれた若者たちの様子をうかがいました。

 また、ほっとの会には、自閉症傾向などをもつ人たちがたくさん参加されていますので、障がいを持つ人たちが、どうしていったらいいのかもうかがいました。


 若者にも、障がいを持つ人も、つらいことや慣れないことがあっても、経験してもらうということが大切だと感じました。


 日常何でもないときに、つらくないように、楽なようにと環境を整えすぎると、いざというときに、対応が難しくなってしまいます。

 ふだんから、少しつらいことや嫌な事を経験する事は、非常時に役立ちます。


 大切なことを、楽しく、学びました。


 今年度から事務局が、いなまつゆかに交代します。

 よろしくお願いします。  


Posted by いなまつゆか at 17:25Comments(0)東播磨カウンセリング研究会
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ