2012年03月11日

子ども同士のトラブルをどうするか

 今日は、多可町子育てふれあいセンターで仕事でした。



  テーマは、「親子のほんわかコミュニケーション」です。

 子ども同士のトラブルにどう対応していくかについて、お話しました。


 トラブルは、決して悪いことではありません。

 小さい頃に、人としっかりぶつかり合うことは、大切な経験です。


 大人が、落ち着いた雰囲気を作ること。

 大人の都合でけりをつけたり、勝手に決めつけたりしないこと。

 子どもの気持ちを理解しようとし、その気持ちを伝える方法を具体的に伝えること。つまりは、通訳ですね。


 そういったことが大切かなと思います。


 自分の気持ちを表現する手だてを持つと、子どもたちも暴力に訴えなくてすみます。

 思い込みでトラブルになることも多いので、じっくり聞いてみると、誤解が解けることもあるのです。

 子どもたちの行動にも、それぞれなんらかの理由があるからです。


 ただし、気持ちを理解し、受け入れるのと、行動は別もの。何をしてもいいわけではありません。

 「ほしかったね〜残念。がまんしようか」と言うのと、「しかたがないな〜うるさいから同じ物を買って上げる」というのとでは、全然その後が違ってきます。


 面倒なようですが、ていねいに取り組んで行くと、いつもいつも同じようなトラブルが起こるというようなループからは抜け出せます。



 急がば回れ、ですね。
  


Posted by いなまつゆか at 19:07Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月10日

奥にあるこころを感じる

 神戸で、兵庫県介護支援専門員協会の指導者養成研修の講師の仕事でした。

 

 「心理学の基礎(基礎心理学・心理療法)」がテーマです。


 意識の高いケアマネジャーさんたちは、周辺領域まで学ぼうとされるので、すごいなと思います。


 職種は違いますが、こころを学ぶ意味は大きいです。

 なぜなら、人はこころを切り離して生きられないからです。

 理屈に合わないような言動も、こころが絡む事が多いのです。


 言葉や行動の奥にあるこころを感じ、理解することが、問題解決やご本人にとってのベストな支援につながることも多々あります。

 こころを理解しようとするケアマネさんが増えるなら、間違いなく、日本の福祉に良い影響を与えることでしょう。
  


Posted by いなまつゆか at 20:08Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月09日

問題解決できる状態を作る

 問題が起きたときに、解決法を考えだすと、問題に近すぎてしまい、みえづらくなってしまいます。


 その前に、解決につながるような、こころの状態を作り出すことが大切です。


 今日の勉強会では、布が何度も折ってある状態をイメージし、どんどん広げて行きました。


 最後は、地球を包み込むような大きさにしていきました。


 こころの距離も広がり、ものごとがよくみえるようになり、問題が解決しやすくなります。  


Posted by いなまつゆか at 19:17Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年03月08日

ノーボーダー糸子さん

 三代目糸子さんになっての「カーネーション」。

 これはこれで、いいですね〜。


 言っている事が、自分とかぶってしまうのが、笑います。


 たとえば、

 「朝は起きるもんや」とか「働かざるもの、食うべからず」とか、お茶出すときに「お客さんが先や」とか。


 若者たちに、ぜひ伝えたい事が満載です。


 若い人たちは、新しい感覚、モードは確かにすぐれているし、進化しているともいえます。


 彼らに、大人が伝えてあげる大切な事もあるのです。


 時代が変わっても、本質的な事は変わりません。


 「言いたいことは、言いや」というのもその一つ。


 思い切って、気持ちを伝えてみよう。

 心配かけても、いいじゃん!仲間や家族なんだから。



 近所のチャラいお兄さんたちにも、アホぼんちゃんたちにも、道に迷っている孫娘にも、普遍の愛をそそぐ糸子さんは、すてきです。  


Posted by いなまつゆか at 18:44Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月07日

おめでとう!

 相生で、キャンパスカウンセラーの仕事でした。

 全部で4校行っていて、今日が最終です。


 いろいろありましたが、まずは無事終了したことに、感謝です。

 生徒さんたち、保護者の皆さん、先生方とコミュニケーションをはかることで、多くのよろこびや学びをいただきました。


 苦労の上、卒業していった生徒さんたちへの思いはひとしおで、「離れても、つながっているからね」と伝えたい。

 愛と祝福を贈ります。

 卒業おめでとう。  


Posted by いなまつゆか at 20:08Comments(0)コミュニケーション

2012年03月06日

確定申告完了!

 確定申告が終わりました。

 やれやれです。


 サラリーマンの妻だった時は、こんなものがこの世にあるとは、知りませんでした。

 夫が講師をするようになり、自分も自営業を始め・・今や毎年欠かせぬものとなりました。

 なんといっても、国民の義務ですから。
 (ひれ伏してしまうわたし)


 年をあけた頃から、タスクとして、ずっとひっかかっていました。

 ちょっとずつ準備をしていたので、ばたばたすることはなかったのですが。


 終了後は、つかえた小骨がとれたように、すっきりさわやかです。  


Posted by いなまつゆか at 19:10Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年03月05日

ジュリー&ジュリア

 映画「ジュリー&ジュリア」をDVDで観ました。


 笑顔と愛があふれる映画で、すてきでした。


 1949年、外交官の妻ジュリア(メリル・ストリープ)がフランス料理を学び、アメリカ人のためのフランス料理本を作る。その本を見て、ジュリー(エイミー・アダムス)は、全レシピを365日で作り、それをブログにつづるというものです。


 夫たちの愛とやさしさに満ちています。


 その支えもあって、ひたすらな道を進む女性たちが魅力的です。


 ブログを綴ることに伴う苦労や、毎日やることのしんどさ、1冊の本にするという大変さがリアルです。


 彼女たちはすばらしいけれど、完全でもないし、ごく普通な人たちだと思います。


 現実をもとにしているので、ほろ苦い部分も描かれていて、万々歳でもありません。


 それでもやり続ける事が、人生を変えて行くんだということに変わりはなく、勇気をもらいました。  


Posted by いなまつゆか at 20:20Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月04日

わからなくても、進むとわかる

 東播磨カウンセリング研究会の講座最終回でした。


 「臨床心理学」ということで、理論の話ですし、初めて講座に参加された方の中には、難しいと思われた方もあったかもしれません。


 それでも、がんばって最後まで続けられたことに、敬意を表します。


 みんな、最初は大変です。


 言葉自体にも、テキストにも慣れないし。


 わからなくても、進んで行く事が大事です。


 続けて行くうちに、以前わからなかったことが、不思議とわかるようになるからです。


 わからないからと、そこでとどまっていると、かごの中でくるくるまわるハムスターのようになって、進めません。


 次へ、次へと進んで行きましょう。  


Posted by いなまつゆか at 18:20Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月03日

ありがとう、真千子ちゃん

 今日の「カーネーション」で主役の小野真千子さんが、交代しました。


 ずっと、真千子さんの糸ちゃんを観て来た者としては、最終回を観ているような気持ちでした。


 毎日毎日、クオリティが高く、15分でこれだけのことができるんだと思える日々でした。

 笑って泣いて、大変でした(今日も)。


 これからも、そうなることを希望しつつ、今までの真千子さんのすばらしい演技に感謝せずにはいられません。

 ありがとう、真千子ちゃん(失礼だけど、こう呼びたい)。

 毎日楽しかったです。

 さびしいけれど、卒業ですね。

   


Posted by いなまつゆか at 19:43Comments(0)コミュニケーション

2012年03月02日

おめでとう!

 日本アカデミー賞があり、上方漫才コンテストあり、サッカー日本女子があり、と、めまぐるしい今日です。


 すてきな人たちがたくさんいるんだなあと思います。


 賞をもらわなくてもね。


 この一年の自分はどうでしょう?


 しんどいときも、あったでしょうに、生きている事を認めてあげてもいいのではないのでしょうか。

 と、私自身にも言いましょう。


 おめでとう!生きているわたし花まる

 


   


Posted by いなまつゆか at 22:42Comments(0)子育て・自分育て

2012年03月01日

こころの「みえる化」

 髪を切りました。

 ヘアマニュキュアをするようになってから、染まっているところとそうでないところがわかるので、自分の髪の毛がどれぐらいのびたのかがわかるようになりました。


 こころは見えないので、なかなか変化がはっきりとわかりません。

 よくなったような、そうでないような。


 わかりやすくなるように、記録をつけてもらうことがあります。

 今の気持ちや、どんなことがあったかなど。


 記録すると、どういうことで落ち込むのか、気持ちのリズムはどんなものか、だんだん状態がよくなってきているのかなどがわかります。


 それをもとに、確認したり、気をつけたりすることができるのです。


 こころの「みえる化」ですね。  


Posted by いなまつゆか at 20:46Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ