2011年12月05日

強さがつらい

 今日の、ドラマ「カーネーション」はつらかったです。


 こころの傷を負った友達にどう接するべきか。

 糸子ちゃんは、戦争でこころが傷ついた幼馴染の勘助くんが少しよくなったことを喜んで、さらに元気づけようと喫茶店に連れて行き、昔好きだった女性を会わせてしまい・・・。


 元気が出るどころか、よけいしんどくなってしまいました。


 心がつらい人には、強さや明るさが、きつすぎるのです。

 だけど、そんなことを知らないんですもんね。


 やわらかさ、穏やかさ、静けさ、ゆっくりした感じ。

 そんなものが、助けになるでしょう。


 長くご飯を食べられなかった人に、ごちそうはきつい。

 おかゆから始めることが大切なのです。


 だけど、だんだん元気になってきた時に、できるのに、楽に流れたくなるかもしれません。


 そのときは、少しずつ前に、外に、出る練習も必要です。


 きつすぎず、楽すぎず。

 状況に合わせて。

 相談しながら。


 塩梅がとっても、難しいのです。


 わたしも、慎重に進めているつもりではありますが、元気になってもらいたいばっかりに、糸子ちゃんになっていないか。

 ときどき点検する必要があります。  


Posted by いなまつゆか at 19:51Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ