2011年11月06日

実感をこめる

 雑誌「Associe」をよく読みます。

 11月1日・15日合併号に、ラジオ・パーソナリティーの児島慶子さんのインタビュー記事がありました。


 その中で、リスナーに話しかける時に気をつけていることは?と聞かれて、


 ラジオ・パーソナリティーという職業に関係なく、人が相手に何かを伝えるとき、「実感」がこもっているかが一番大事だと思っています。だから私は自分の体験したことや感じたことをベースに語りかけるようにしています。


 と答えていました。


 同感です。

 本当に思っていないこと、聞きかじったり、読みかじって、ちょっといいと思って話すことは、実感がないので、相手に響かないのです。


 ことばはすばらしいんだけれど、もう一つこころにこない話というのは、実がない話なんです。


 包装紙もリボンも箱も素敵なのに、中身がないプレゼントのようなものです。



 しっかり中身を入れたいものです。
  


Posted by いなまつゆか at 17:58Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ