2011年01月14日

成績

 大学の講師をしていると、評価を付ける必要があります。


 あんまり好きではありませんが、これも大切な仕事です。


 私の科目はテストではなく、出席数と態度で評価します。


 まじめで熱心に取り組む人が馬鹿をみないように、結構シビアにつけます。


 社会人にとっては、人からどう思われているかということも大切なことです。


 一生懸命やっているつもりでも、そう見えなくては評価できません。


 一生懸命するのは、プロとして当たり前のことですから。


 ちゃんとやってくれてるなぁと思われてなんぼなのです。


 そういう厳しさもわかってもらいたいなぁと思いながらつけます。


 その一方で、これは、ある一面から見た、ほんの一部の評価でしかないことも伝えます。


 人としての価値とは関係ないということです。


 どんな評価を受けても、人としてだめなわけではないよと言っています。


 その両方があることが、大切だと思っています。

  


Posted by いなまつゆか at 16:48Comments(1)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ