2011年01月13日

てっぱんのリアル

 朝の連ドラ「てっぱん」を毎日観ています。


 その脚本のすばらしさに、毎朝驚いてます。


 「てっぱん」には、普通の人しか出てきません。

 完璧な人も、天才的に秀でた人も、ヒーローも登場しないのです。


 普通の人たちが、お互いを励まし、勇気をふりしぼり、めげたり、嘆いたりしながらも、少しずつ成長していく。


 その姿がリアルで素敵です。


 お好み焼き屋さんをやっていくことが、本当にはいかに大変なことか。


 駅伝選手として、そのコーチとして生きていくことの厳しさ。


 鰹節の会社や鉄工場を経営することの苦しさ。


 プロとして生きていくことがどういうことか、弱さを抱えながらも続けていくことがどれほど尊いものか。


 普通の人たちの話だからこそ、たくさんのことを教えられ、励まされる気がします。
  


Posted by いなまつゆか at 17:18Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ