2010年09月05日

箱庭療法

 今日は東播磨カウンセリング研究会の一日ワークショップでした。


 朝10時から16時まで、箱庭を置きました。


 砂が入った箱(内側が水色に塗ってあります)にパーツと呼ばれる、おもちゃや木のミニチュアなどを置いて、表現していくという心理療法です。


 こころはみえないので、形にすることで、かいまみえる感があるのです。


 グループで置く場合は、無言でやりますので、言葉を使わないコミュニケーションになって、自分ではしない表現に刺激をもらったり、思いやりを感じたり、と不思議な交流となります。


 わたしも、自分のこころのありようや変わり具合、こころあたたまる交流などが感じられ、自分を知るいい機会となりました。


 年に1回のワークは、車の1年点検のようなものです。  


Posted by いなまつゆか at 18:06Comments(0)東播磨カウンセリング研究会
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ