2010年04月08日

 プロ野球巨人のコーチ、木村拓也さんが亡くなりました。


 広島の監督だった達川さんが、「木村さんは、どんな状況でも同じプレイをすることができた」とおっしゃっていました。


 勝っていても、負けていても、点差が離れていても接近していても、変わらずプレイができた。


 だから、アテネオリンピックのときにも、普段どおりのプレイができたのだと思うというようなことをおっしゃっていました。


 それは何よりすごいことです。


 平常心を保つことは、プロにとってとても大切で、難しいこと。


 少しの緊張、ちょっとした気のゆるみ、それが拡大されて、仕事がぶれていくことは、よくあることだから。


 たくさんの努力がなされていたに違いありません。


 まさに、プロの鏡です。


 改めて、記録には出ない偉大さを感じました。  


Posted by いなまつゆか at 20:00Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ