2009年12月04日

食べるように読む

 自分をみがくために本を読む。

 子どもを育てるために絵本を読む。


 大賛成です。

 自分もしてきたなぁと思います。


 しかし、本を読むということには、もっとたくさんの魅力があると思っています。


 わたしは、本自体が好きなので、ごはんを食べるように、ただただ読み、味わいます。


 言葉がこころに響き、本とともに笑い、泣き、わくわくし・・・


 知識を得る、だけじゃもったいない。


 物語などは特にそうですが、そうでなくても、感動はあります。

 以前宇宙の話を読んでいて、ある科学者が、結果が出るのは自分が死んだ後のような、はてしない宇宙の実験をしているという話を読んだときに、その時空の広さと高い意思、受け継がれていく科学の心に、こころを動かされたのを覚えています。


 あんまり考えすぎないで、意図ばかり重要視しないで、ただ、読んでみて。


 本当に大切なものは文字にあるのではありません。


 文字と文字の間、行間にあるのです。

 

   


Posted by いなまつゆか at 19:21Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ