2009年04月13日

まん中が大事

 私たちがよく陥るわなが、「周辺に引っかかる」ということです。


 相手が伝えたいことよりも、言葉じりに引っかかる。

 地味な基礎練習よりも、派手なパフォーマンスに惹かれる。

 幹よりも、花に魅了される。


 桜の花を愛でる程度なら、そう不都合はないでしょうが、言葉に引っかかるとなると、かなりややこしくなります。


 子どもさんが困ったことをし始めたなら、それは周辺のことなんだと思って、中心にあるこころはなんだろうと考えてみてください。

 さびしいのかな・・・

 みてほしいのかな・・・

 なんか、つらいことがあるのかな・・・・


 中心がなんとかなると、おのずと道は開かれます。

 花がかんばしくないなら、幹の状態を見よう、というようなものです。


 花は咲いて、散ってを繰り返す一過性のもの。

 幹は一生ものです。  


Posted by いなまつゆか at 19:33Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ