2009年02月24日

あっぱれ おくりびと

 映画「おくりびと」がアカデミー賞を取りましたね。

 外国の方が、インタビューのなかで、「笑って、泣いて、学べる映画だ」とおっしゃっていましたが、そのとおりだと思います。


 「死」は世界中の誰もが通るもの。

 「死」をどうとらえ、どのように付き合っていくのかは、大切なテーマです。


 「死」を思うと、「生」がいきいきとしてきます。

 今という瞬間が、かけがえのない大切なものに感じてきます。

 いつまでもあるわけではない関係だからこそ、お互いを尊重したいと思えます。


 世界中の人が、この映画を観て、少しでもそういうことを考えたなら、世界はまた一段とすばらしくなるでしょう。


花まる日々の生活向上委員会アイデアNo.33
今を大切に生きる

クローバーさとさん、ありがとうございます。

確かに子離れは難しいですね。かわいいかわいい子どもとして付き合うのもうれしいことだけれど、大人になったわが子と、対等に付き合うのも、なかなか味わい深いですよ。  


Posted by いなまつゆか at 17:05Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ