2008年09月13日

家族をつくる

 朝の連ドラ「瞳」で主人公の瞳さんが言っていました。


 「家族はほっておいてできるものじゃない」と。


 瞳が今暮らしている家は祖父の家で、そこには里子が二人一緒に住んでいます。

 そして瞳の両親は幼い頃に離婚しています。

 久しぶりに再会した両親が、自分たちの結婚が失敗だったと話しているのをきいた瞳が、「じいちゃんと子どもたちは、一緒にごはんを食べたり、たくさん話をしたり、そういうことを積み重ねてきたんだ。自分も最初いろいろあったけど、それを乗り越えてきたから家族みたいになれたんだ。」と。


 愛する二人が結婚したら、幸せな家庭が当たり前に築けるわけではありません。

 ぶつかったり、困難を一緒に乗り越えたり、いろんなコミュニケーションをしたりしていくことで、家族になっていくのです。


 瞳のおじいちゃんは、「どんなことがあっても、ごはんのときは楽しく食べよう」と話します。


 そういう努力の積み重ねが、楽しい家庭につながるのだと思います。

  


Posted by いなまつゆか at 19:27Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ