2007年10月10日

「別に」と言うとき

 ドラマを見ていて気がついたオドロキ

 「別に」とか「関係ない」って言うとき、それはこころが弱くなっているときなんだってことに。

 自分のせいでみんなに迷惑をかけていることがわかっているのに、認めたくないとき。

 これ以上ふみこまれると、つらくてしょうがないとき。

 言いにくいことを言わなくちゃいけないのに、それを言う勇気が出ないとき。(怒ってるの?ときかれると、怒っているくせに、ついつい「別に」と言いたくなっちゃいますよね)

 そんなときに「別に」とか「関係ない」と言うのかもしれません。
 
 わたしにも、そういうとき、あるな~と思います。

 人はつながりあって生きていて、みんな関係あるのに、それを断ち切る言葉たちを吐いてしまう。強がっているけど、とても弱い状態です。

 言いづらい「ありがとう」や「ごめんなさい」や「助けて」や本当の気持ちを言えるのが強さなのだと思います。

 だけど、とっても難しい・・・

 そういう自分の弱さを受け入れ、認めつつ、ぼちぼちと強さが持てるように目指したいですね。  


Posted by いなまつゆか at 18:06Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ