2007年09月30日

稲松という苗字

 今日、「日本の苗字七千傑」というHPで、「稲松」を調べたら、やはりありませんでした。

 そう、どこにでもある「稲」と「松」なのに、「稲松」という苗字はかなりレアものなのです。

 ちなみに結婚する前は「和田」でしたから(堂々の56位です!)、とってもポピュラーで、あいうえお順で最後の方の姓から、レアで最初の方に変わってしまったわけです。名前変わると、なんか生きる感じも変わる気がしますね。

 知り合いのカウンセラーの方に名前の相をみてもらうと、「稲松になってからの方が、人生がよくなっている」そうです(感謝しなきゃ・・・)。

 覚えてもらいやすく、読みにくく(よくいねまつさんと呼ばれます)、つながりがばれやすい(「いなまつさんって、あの・・・?」「あーそうですねーそれ夫ですねー」などという会話がしばしば)、そしてはんこが売っていない、この苗字に今ではすっかり慣れ親しんでおります。  


Posted by いなまつゆか at 16:26Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ