2007年07月22日

見えないつながり

 先日、尊敬する心理学者河合隼雄さんが亡くなられました。

 くしくも亡くなられた当日、河合さんの著書を読んでいました。それもかなりじっくりと。講演録に近いものを読んでいたので、まるで河合さんに一対一で教わっているかのような気分でした。読んでは考え、また読み、としていた時間は、今ではとても貴重なものに思えます。

 翌日の新聞で河合さんの死を知ったとき、前日に本を読んでいたことが、ただの偶然には思えませんでした。ああ、わたしに教えてくださっていたのではないか、と思えたのです。とても不思議ですし、おこがましいことですが、生きておられるときには雲の上の人に思えた河合さんが、とても身近に感じられました。

 目には見えない存在になって、もう肉声では教えをこうことはできなくても、必要なときにはいつもそばにいて、教え、支えてくださるような気持ちがしたのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:21Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ