2007年05月12日

花を咲かせよう

 今日は伊丹の方に仕事に行ってきました。

新伊丹駅前のバラがとてもきれいでした。まぶしいですよピカピカ



 昨日の勉強会で、自分の育てたいところを育てようという話がありました。こういうところが育ったらいいのにということがあれば、それをイメージや言葉を使って育てていくのです。

 たとえば、やさしさを育てたいと思えば、「こころにやさしさの種を植えよう。種からやさしさの芽が出て、すくすく伸びて、やがて大木になりやさしさの実が育つ。わたしはその大木の前に座っている。その実を食べたら、わたしには完全な「やさしさ」が備わるのだ」というようなお話を、心の中でイメージしながら語るのです。

 花でも実でもいいから、みんながそれぞれ、すばらしい面を育てていけたらいいですよね。

晴れ「しんちゃん」さん、コメントありがとうございます。得したいと思っている人は、本当はカスばかりつかんでいて、大事なものを見失い、損してもみんなのために、と思っている人はお金では買えない大切なものを得られるのだと思います。  


Posted by いなまつゆか at 18:26Comments(0)子育て・自分育て

2007年05月11日

カメさんの正しさ

 あたたかくなってきて、カメさんが甲羅干しをするのが見られるようになりました。

 先日も朝の散歩で、やはりカメさんの甲羅干しを見かけたのですが、大きな石に小さなカメさんが、小さな石に大きなカメさんがのっているのが、かわいくて、おもしろかったです。

 「おいおい、反対やろ!」などと突っ込みながら・・・

 でも考えてみたらそれは、「大きな石に大きなカメが、小さな石に小さなカメがいるべき」というわたしたちの勝手な価値観なんですよね。

 カメさんたちにも、それなりの「正しさ」があるのかもしれません。石の肌触りがよかったとか、狭いほうが落ち着くとか・・・

 わたしたちは、みんな自分が正しいと基本的に思っています。しかし、そのほかにも違う正しさがあるのかもしれない、と考えることが成長の種になります。

 また、それが人間関係をスムーズにする方法でもあるのです。

 カメさんにも話が聴けたら、おもしろいかもしれませんね。「人間はいちいち考えすぎなんだよちっ、ちっ、ちっ」とか言われたりして・・・  


Posted by いなまつゆか at 19:10Comments(1)子育て・自分育て

2007年05月10日

いろいろが素敵

 今日は神戸の方まで、キャンパスカウンセラー(高校でのカウンセリング)の仕事をしに行ってきました。

 高校に向かう途中で、ピッカピカの小学1年生たちに出会いました。今日は風がきつかったので、ビニール袋が空をとび、みんな大喜びです。

 まぶしい思いで、その後姿を見送っていると、ランドセルの色がさまざまであることに、気づきました。いまどきのランドセルは違うんですね。広告では見ていたけれど、実際に歩いているのを見ると、またおもむきが違います。

 男の子色も女の子色も、あまり関係なく、水色、ピンク、赤、黒とそれぞれ自分の好きな色のを背負って、楽しそうに歩く姿(といっても皆まだ小さいから、ランドセルばかりに見えるのですが)がとても素敵でした。

 このまま、それぞれの「好き」を大切にしあって、大きくなっていってもらいたいです。

クローバースタッフのフジさん、ザキさん、コメントありがとうございます。大人になっても、大切なものは見失わないでいたいものですよね。
   


Posted by いなまつゆか at 20:23Comments(0)子育て・自分育て

2007年05月09日

少しの思いやりで

 夕方散歩していたら、路上駐車をしていた車の横を、別の車が通りすぎようとしました。しかしその先にお年寄りのご夫妻が歩いておられていて、それが邪魔だったのでしょうか、クラクションを鳴らしました。

 しかし、お年寄りはそんなに速くは歩けないので、田んぼに落ちそうなぐらい端に寄りました。その横をすり抜ける車・・・・おばあさんが後で文句を言っておられて、なんともいえない雰囲気でした。

 ほんのちょっと待ったら、すぐに通ることができるのになーと残念なガーン思いです。

 その事件(?)の数時間前、わたしが家の車庫から車を出そうとすると、向こうから小学生の女の子が自転車でやってきます。狭い道だし、危ないからと発進するのを途中でとめて待っていると、その女の子はとてもさわやかな笑顔で会釈をして、去っていきました。

 こちらの配慮(そこまでもいえません。車の運転者としては当然の安全対策ですよね)が、彼女にはちゃんとわかるんだな、そして感謝のこころを表すことができるんだ、とちょっと感激しましたピカピカ

 ずいぶん大きくなった人でも(それとも、大きくなったからかな?)、なかなかそれが難しい人たちとお付き合いすることが多いので、余計こころが動いたのかもしれません。

 同じすれ違いでも、いろいろですね。

 思いやりって、道徳じゃなくて、ちょっとしあわせに、そして美しく生きるためのアイテムだったんだ、と実感しました。

ケーキカンチさん、コメントありがとうございます。ジャムにされたんですね。わたしは結局ヨーグルトとともにいただきました。  


Posted by いなまつゆか at 18:55Comments(2)子育て・自分育て

2007年05月08日

やはり、生が一番!

 近頃夕方の散歩で、毎日中学校のブラスバンドの練習の音が聞こえます。

 もともと、音楽好きですので、「いいな~」と思うのです。ここのブラスバンドは、かなり上手ですが、もちろんCDのプロの音楽の方が技術的には上でしょう。でも、生の音楽が一番だと思います。

 ライブで、みんなが涙するのも、音だけではなく、アーティストの思いが直接ひびいて伝わってくるからでしょう。

 子育て中の親御さんも、ぜひ生で、絵本を読んであげたり、歌を聞かせてあげたりしてください。うまくなくてもいいですから、楽しんでやってみてください。お父さんやお母さんの声がひびいているのがいいのです。


昨日の夕方の散歩で、いちごをいただきました。これも生が一番!かな?でも、ジャムもおいしいですねハート

   


Posted by いなまつゆか at 19:29Comments(1)子育て・自分育て

2007年05月07日

いない寂しさ

 昨日甥が帰って、今日ふと見ると、甥が遊んで片付け忘れたミニカーが転がっていました。それを見ると、なんともかわいらしく、いとおしく、そして少し寂しく感じました。



 それは、昨日までいたものがいない寂しさです。

 前にも同じ思いをしたことがあります。娘が旅行に出ている間、娘の洗濯物がないのを見て感じたものです。そのとき、自分は娘が帰ってくると思っているから平気だけれど、子どもさんを亡くされた方はこういうことが一番こたえるのではないかと思いました。

 おもちゃが転がっている。洗濯物が出る。それが生きている証の一つなんですね。そんな、なんでもないことが、実はすばらしいことなのです。

 吹田の遊園地の事故でなくなられた方の身内の皆さんも、「楽しかった」と帰ってくるだろうと思っておられただろうに、まさかのことにつらい思いをされていると思います。

 本当には理解することは無理かもしれないし、少し理解することも難しいけれど、こんなささやかなことからでも、わずかでも理解できたらと思うのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:25Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年05月06日

リズムを立て直そう!

 いよいよ、ゴールデンウィークも終わりますね。

 長いお休みの間に、毎日のリズムも狂いがちなのではないでしょうか。だらだら組は、体操や散歩で、からだを動かしていきましょう。少ししゃきっオドロキとしますよ。

 一杯遊んだ組は、短時間(5分~15分)のお昼寝ウトウトなどで回復をこころがけてみてください。長時間寝すぎると、かえってからだが重くなってしまいます。

 明日を思うと気がめいり、何もしたくなくなるかもしれませんね。そんなとき、「~しなくてはならない」と思うと気が重くなり、やる気がなくなりますから、「~しよう」と自分に命令してみてください。不思議と動きやすくなります。

 自分で自分を動かしていく、これがセルフ・コントロールです。


わたしも甥っ子とのしばしのお別れに耐えてなき、明日から仕事に励みますgood  


Posted by いなまつゆか at 15:41Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年05月05日

こどもの日に思うこと

 今日はこどもの日晴れ。うちのこどもたちも、おもちゃを買ってもらったり、買ってあげたり、アイスを食べたりと、それぞれに満たされた一日を過ごしています。

 先日映画「バベル」を観たときに、思いが通じない悲しさを思いました。言葉が違うためだけではありません。そこには強いものと弱いものの力関係の問題がありました。

 権力がある者は、しらずしらずのうちに自分の正しさを押し付けがちです。弱いものの言い分をよくきこうともせずに、まず押さえつけようとするのです。誤解が誤解を呼び、恐怖が犯罪を招き、悲しい結末を招きます。

 大人と子どもの関係も同じです。頭ごなしにしかりつける前に、なぜそんなことをしたのかを、聴こう、感じようとしてみてはもらえないでしょうか。

 そうすれば、もっとわかりあえるはずです。

 わかりあおうとする関係の向こうに、こどもたちの笑顔ニコニコが、そして大人たちの笑顔スマイルもあるのではないでしょうか。  


Posted by いなまつゆか at 17:17Comments(0)子育て・自分育て

2007年05月04日

しあわせって・・・

 今日は仲間で家でバーベキューをしました。ほどよく、曇ってちょうどいい日和でした。昨日とったあさりを酒蒸しにしたり、そのあさりのだしのでたしょうゆだれで、ぶりを焼いたり・・すごくおいしかったです。



 「これがしあわせってことだよね・・・ハート」とはメンバーの一人の名言です。
休みに気のおけない仲間がいて、おいしいものを食べられる。そういうことがしあわせなのだと子どもたちに教えていく必要がある時代です。

 そして、それぞれのささやかなしあわせを、世界中の人が感じられたら、特に子どもたちみんなが「ああ、しあわせだ」と思える日が来たらと・・・願ってやみません。

   


Posted by いなまつゆか at 18:36Comments(0)子育て・自分育て

2007年05月03日

潮干狩りに行きました

 今日は的形に潮干狩りに行ってきました。

 午前中は、まだ人もそれほど多くなく、潮も引いていませんでした。結構波をかぶりながら、濡れながらの貝取りです。

 午前中だけでも結構取れました。

本当はもう一つ大きなバケツに一杯とれました。

 わたしは主に荷物番をしながら、ピースとのんびりすごしました。犬好きが結構よってきてくれて、退屈することがありませんでした。特に一人の赤ちゃんが、えらいピースを気に入ってくれて、何度も何でも「好き好きメロメロ」の頬ずりをしてくれたのが、うれしかったです。

 午後からは人も増え、潮も引いて、潮干狩りらしくなってきました。

アサリ目線でみると、なかなか怖い光景です叫び

 もう一頑張りして、とれた貝もさらにたくさんになりました。水疱瘡(みずぼうそう)が直ったばっかりの、甥っ子の肌もすっかりきれいになり(えらいもんですね)、一石二鳥でした。
  


Posted by いなまつゆか at 17:58Comments(0)プライベート

2007年05月02日

レジャーは甥っ子だのみ

 子どもたちが大きくなってきて、家族でレジャーということが、まずなくなりました。皆それぞれのスケジュールで忙しく動き回っている毎日です。

 そんなわたしたちも、小さな甥っ子が来るとなると、話はかわります。みんな必死でスケジュールを調整して、やれ動物園だ、水族園だとレジャーにくりだすのです。

 お母さんにとっては大変な子どもの面倒も、わたしたちにはほとんど趣味です。もうすぐ甥っ子が来るぞ、と思うと、みんなウキウキワーイしだすのです。その甥っ子が今日からやってきます。

 子どもの存在って偉大ですね。


無敵の5歳児コンビですチョキ  


Posted by いなまつゆか at 19:33Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2007年05月01日

だまさないで

 今朝もピースは雨にへこんで、なかなか出てこず、夕方も動こうとしませんでした。

 「雨やんでるからおりといでよ!」と叫んでも動かないので、結局首輪つかまえて無理やり動かしました。ところが玄関を開けると、さっきまで上がっていたのに、雨が降り出しているではありませんか・・・ガーン

 はからずも、だましたようなことになり、「でも、犬だからわからないよね」と思っているのですが。

 これって、子どもさんにも同じようなことをされている人がいるのではないでしょうか?痛くないからねと注射をするようなことが。たとえ嫌な注射でも、だまして連れて行くと親との信頼関係が損なわれます。

 わたしたちでも、そういうことをされたら嫌ですよねフンッ子どもたちでも同じです。ちなみに、うちの子が長年お世話になった小児科の先生は「痛くないことはないよ」と打っていました。さすがですね。

 犬でもからかったり、だましたりしたら傷つくそうです(ごめんね、ピース、わざとじゃなかったんだよ)。人間の子どもならなおさらですね。

 つらいことでも、正面切って覚悟を決めて挑戦できる子になるよう、援助していきたいものです。


雨の散歩の後、ぐったりのピース(がんばったごほうびに、大好きなおやつのガムをやったときは機嫌なおっていたんですけどね)  


Posted by いなまつゆか at 20:00Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ